Go超入門コース

Go超入門コース

Go超入門コース#02 Goとは?

こんちには。キノコードです。 このレッスンでは、 Go言語について説明をします。 Go言語とは Go言語は、2009年にGoogleが開発した...
Go超入門コース

Go超入門コース#01 Goのコース紹介

はじめに こんにちは。キノコードです。「【5分レッスン】Go超入門コース#01 Goのコース紹介」について説明します。 コースの主旨 はじめに、このコースを作った主旨を説明します。初めてのことを学習しようとする場合、時間...
Go超入門コース

【Go言語 超入門コース】15.実践|すべて理解できればGoの超入門者から卒業です【プログラミング初心者向け入門講座】

実践編として、テスト結果を判定するプログラムを作ってみましょう。 どのようなプログラムを書くか説明します。 まず、Studentという構造体を作ります。 構造体のStudentには、生徒の名前を代入する「name」のフィールドを定義します。
Go超入門コース

【Go言語 超入門コース】14.メソッド|Goのメソッドは、他の言語のメソッドとは違っています【プログラミング初心者向け入門講座】

メソッドとは、構造体などの特定の型に関連づけられた関数のことです。 メソッドといっても、他のプログラミング言語にあるメソッドとは異なります 例えば、Pythonなどのプログラミング言語のメソッドは、クラスの中に記述されたものです。 しかし、そもそもGo言語にはクラスの概念がありません。
Go超入門コース

【Go言語 超入門コース】13.構造体|構造体ってなんだ? 異なるデータ型の変数を1つにまとめたもの【プログラミング初心者向け入門講座】

まず構造体について説明します。 構造体とは、異なるデータ型の変数を1つにまとめたものになります。 つまり、構造体には、整数型や文字列型などの異なるデータ型の変数を、1つにまとめることができます。 構造体を作ることを「構造体を定義する」といいます。
Go超入門コース

【Go言語 超入門コース】12.関数 |関数を料理ロボットに例えて説明しました【プログラミング初心者向け入門講座】

関数とは、いろいろな「処理」をまとめて1つにしたものです。 なぜ関数があるのでしょうか? 料理で例えてみます。 例えば、いつも作るカレーがあるとします。 そのレシピを料理ロボットに記憶してもらいます。
Go超入門コース

【Go言語 超入門コース】03.環境構築 for Windows|プログラミングをする準備をしよう!【プログラミング初心者向け入門講座】

このレッスンでは、Go超入門コース#03 環境構築について説明をします。 環境構築とは、プログラムを書いたり、実行できたりする環境を自分のコンピュータに整えることをいいます。 環境構築のために、Go本体、VisualStudioCode、VisualStudioCodeのGoの拡張機能の3つをインストールします。
Go超入門コース

【Go言語 超入門コース】11.繰り返し|同じ処理を何度も実行できます【プログラミング初心者向け入門講座】

この動画では、Go言語の繰り返しについて説明します。 Go言語の繰り返し処理には、while文がありません。 Go言語の繰り返し処理は、forだけです。 Go言語は、シンプルな言語といわれる由縁の1つです。
Go超入門コース

【Go言語 超入門コース】10.条件分岐|条件にあてはまればAという処理、あてはまらなければBという処理ができます!【プログラミング初心者向け入門講座】

この動画では、Go言語の条件分岐について説明します。 条件分岐は、プログラムの3つの基本構造の1つです。 条件分岐があることで、プログラムでできることが格段と広がります。 どのプログラミングにもあるものになるので、ぜひ習得してください。 最後に確認問題もあるので、ぜひ挑戦してみてください。
Go超入門コース

【Go言語 超入門コース】09.演算子|足し算や引き算、2つの値の大小を比較するときに使います【プログラミング初心者向け入門講座】

演算子とは、足し算、引き算などの四則演算や2つの値の大小を比較するときに使う記号のことです。 算術演算子からみていきましょう。 算術演算子とは、足し算、引き算、掛け算、割り算などをするための演算子です。